名谷駅の歯科・歯医者なら、SASAKI DENTAL OFFICE(ササキデンタルオフィス) 大丸須磨院

電話予約

コラム

コラム COLUMN

予防習慣は子どもの頃に身に付けよう

皆さんこんにちは。

SASAKI DENTAL OFFICE 大丸須磨院です。

 

むし歯や歯周病の予防は、思い立ったときに始めるのが一番ですが、その時期が早ければ早いほど、予防しやすくなるのも事実です。

 

小さい頃から適切な予防習慣を身に付けると、むし歯や歯周病には縁のない、健康な口腔環境を確立することができます。

 

今回はそんな小さい頃から始める予防習慣や食育についてわかりやすく解説します。

 

歯科医院に通う習慣

お子さまに身に付けてもらう習慣としては、歯医者さんへの通院が第一に挙げられます。

 

歯医者さんというのは、むし歯や歯周病になったときに通うもの、と考えている方も少なくありませんが、予防のために通うとたくさんのメリットが得られるのです。

 

とくに小さい頃から歯医者さんに通う習慣が身に付けば、将来、むし歯や歯周病に悩まされる機会も大きく減少しますよ。

 

正しい歯磨きと仕上げ磨き

むし歯予防の基本となるのは歯磨きです。

 

お子さまご自身で行っていただくひとり磨きはもちろん、親御さまによる仕上げ磨きも正しい方法で行う必要があります。

 

そうした正しい歯磨きの習慣というのは、歯医者さんでのブラッシング指導が不可欠です。

 

自己流の歯磨きを習慣化させてしまうと、いろいろと弊害も大きくなりますので、専門家によるアドバイスを受けることをおすすめします。

 

歯を健康に育むための食習慣

子どもの歯というのは、まだまだ発育途上にあります。

 

食事の内容を工夫することで、むし歯菌に負けない強い歯を作ることができます。

 

また、食事の摂り方や回数、タイミングなどにも配慮することで、むし歯のリスクを大きく減少させることが可能です。

 

まとめ

このように、お口の病気を予防する習慣は、小さい頃に身に付けた方がたくさんのメリットを得ることができます。

 

赤ちゃんのうちから歯医者さんに通い始めても決して早いということはありませんので、お子さまに正しい予防習慣を身に付けさせたいという方は、お気軽に当院までご連絡ください。

 

当院で歯医者さんデビューしてみませんか?