名谷駅の歯科・歯医者なら、SASAKI DENTAL OFFICE(ササキデンタルオフィス) 大丸須磨院

電話予約

診療案内

診療案内 SERVICES

むし歯

むし歯
  • 歯が痛い、黒ずんでいる
  • むし歯が再発した
  • 食べ物や飲み物がしみる
  • 詰め物・被せ物が取れてしまった
一度削ったり抜いてしまった歯は、元に戻すことができません。
歯がないと毎日の食事や会話もうまくできないので、歯は私たちが生活していくうえでとても大切なものなのです。
日本人が歯を失う2大原因は、加齢ではなく「むし歯」と「歯周病」です。
歯を失わないためにも、気になる症状があれば早めに受診して治療を受け、病気を繰り返さないように予防に取り組みましょう。
もし歯を失ってしまった場合は、お口に合う義歯を製作または調整いたします。
歯のことでお困りのことがありましたら、気軽にご相談ください。

歯周病

歯周病
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきから血や膿が出る
  • 歯がグラグラする
  • 食べ物がうまく噛めない
  • 口臭がきつくなった
  • 朝起きると口の中がネバつく
歯周病は、歯ぐきや歯を支える周りの組織が細菌によって炎症を起こす病気です。
歯ぐきの炎症から始まり、進行すると顎の骨を溶かし、歯が支えられなくなるといった口腔内のトラブルを引き起こします。
また細菌によって誤嚥性肺炎や糖尿病、心疾患、脳梗塞、認知症などの重篤な病気を引き起こしたり悪化させることもあります。
当院では、歯周病やむし歯といった歯を失う原因となる口腔内細菌を、位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡を使用して検査いたします。
歯周病の治療は定期的な検診とクリーニング、毎日の丁寧な歯磨きがポイントです。気になる症状がありましたら、お早めの受診をおすすめいたします。

位相差顕微鏡とは?

位相差顕微鏡とは?

位相差顕微鏡とは、光学顕微鏡の一種で、口の中の細菌を確認できる特殊な顕微鏡のことです。
当院では、位相差顕微鏡を使った唾液検査を行っております。





入れ歯

入れ歯
  • 入れ歯を作りたい
  • 入れ歯を調整したい
  • 入れ歯の相談をしたい
さまざまな要因で歯を失ってしまった場合、「噛む力」を維持するためには義歯で補う必要があります。
歯を失ったり、欠けてしまったら、「入れ歯」や「ブリッジ」などの義歯で補いましょう。
当院は保険適用の入れ歯だけでなく、金属床の入れ歯や、審美的に優れた入れ歯など、自由診療の入れ歯も対応可能です。
入れ歯製作にあたっては、お一人お一人の歯の状態やご希望を考慮して、快適に噛める入れ歯をご提案させていただきます。
ただし、入れ歯もご自身の歯と同様に、定期的なメンテナンスが大切です。製作後も定期的なチェックで、入れ歯を長持ちさせていきましょう。

さまざまな種類の入れ歯

さまざまな種類の入れ歯

●レジン床義歯 【保険診療】
入れ歯の歯肉にあたる部分を「レジン」というプラスチック素材で作ったものです。
強度を保つために厚みが必要なので、装着した際に多少の違和感があり、話しづらくなる可能性もあります。
また、食べ物を口に入れた際に温度を感じにくいこともあります。
保険の適用内で治療ができるため比較的安価で、幅広い症例に対応できます。

●金属床義歯 【自由診療】
入れ歯の歯肉にあたる部分を金属素材で作ったものです。
素材の金属自体に強度があり、薄く作れるので装着時の発音や発声がしやすい傾向があります。
また、食べ物の温度を感じやすく、食事が快適になります。
耐久性もあり、お口にあるほかの歯への負担が少ないです。

●ノンクラスプデンチャー 【自由診療】
入れ歯を固定するためのバネを、弾力のあるプラスチック素材で作ったものです。
金属製のバネよりも目立たず、見た目が自然です。
耐久性もあり、歯肉にあたる部分を金属素材にすることもできます。

小児歯科

小児歯科
  • 子どものむし歯を治療したい
  • 子どものむし歯を予防したい
  • 学校の検診でむし歯が見つかった
お子さまの歯は大人の歯よりも弱く、むし歯の進行も速いことが特徴です。
そのため、「むし歯かな?」と思ったら早めに治療しましょう。
乳歯のむし歯を放っておくと、永久歯もむし歯になったり、まっすぐ生えてこなくなったりと、将来的にも悪影響を及ぼす可能性があります。
当院では歯科医院への苦手意識を植え付けないように、治療を無理やり行うことはいたしません。お子さまお一人お一人のペースに合わせて治療を進めますので、おまかせください。

審美治療

審美治療
  • 金属の詰め物、被せ物を白くしたい
  • 詰め物、被せ物の金属アレルギーが気になる
  • 歯の欠け、大きさ、隙間をきれいに整えたい
銀歯など金属の詰め物や被せ物をしていると、長い時間をかけて金属が溶けだして体内に蓄積され、将来的にさまざまな不調を引き起こすといわれています。
そこで当院では、金属を使わない「メタルフリー」の治療をおすすめしています。
陶器でできたセラミックなどの素材ならば、金属アレルギーの心配がなく、むし歯にもなりにくいといったメリットもあります。
また、ホワイトニングなども含め、さまざまな治療法をご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。

インプラント
自由診療

インプラント
  • 本物の歯と同じようにしっかり噛みたい
  • 機能も見た目も優れた義歯にしたい
  • インプラントに興味がある
  • 入れ歯が面倒
  • ブリッジで歯を削りたくない
インプラントは「第2の永久歯」とも呼ばれるように、本物の歯と同じような機能と見た目を再現できる義歯です。
差し歯とは異なり、根があるため「人工歯根」とも呼ばれています。歯を失った部分の顎の骨に、外科手術で人工歯根を埋め込み、その歯根を土台にして人工歯を装着します。
顎に直接固定するため、ご自身の歯と同様に食事や会話を楽しむことができます。入れ歯が合わないという方にもおすすめです。また、噛む力を分散させ、周囲の歯に負担をかけないため、残りの歯を守ることにもつながります。
普段の歯ブラシとデンタルフロス・歯間ブラシでお手入れができます。歯科医院での定期的なメンテナンスをしっかり行えば、半永久的にインプラントを使うことが可能です。

*定期的なメンテナンスが必要です

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い

●入れ歯
入れ歯は金属のバネが目立ちやすく、人工歯の色が周りの歯になじまない場合もあります。
また、お口にぴったり合っていないと、ずれたり、外れたりすることがあります。
噛む力は天然歯の1/3程度になるため、硬い物などは噛みづらくなります。
ブリッジやインプラントに比べると、慣れるまで違和感のお悩みが多く、素材によっては、食べ物の温度を感じにくくなってしまいます。
周囲の歯にバネをかけて支えるため、残っている歯に負担がかかります。
保険診療の入れ歯と自由診療の入れ歯で耐久性は異なりますが、お口の形状は年を経るごとに変化しますので、いずれの場合も定期的な調整や作り替えが必要です。

●ブリッジ
ブリッジは金属のバネなどは使わないため、見た目に大きな違和感はなく、天然歯とほぼ同じ感覚で噛むことができます。
使用する素材によって、透明感や色調は異なります。
入れ歯に比べると違和感は少ないですが、長く使い続けているとブリッジが浮いたように感じたり、舌触りが悪くなったりすることがあります。
ブリッジを支えるために、失った歯の両隣の歯を削る必要があり、これが大きなデメリットになっています。
時間が経つと両隣の歯の負担が大きくなり、噛む力も徐々に弱くなって寿命を縮めることもあります。そして、いずれ失ってしまう可能性もあります。

●インプラント
インプラントは人工歯根の上にセラミックなどの白い素材を用いた人工歯を被せるため、本物の歯に近い見た目を再現できます。バネなどの留め具もありません。
歯根が顎の骨に固定されているため、ずれたり、外れたりすることがありません。硬い物もしっかり噛むことができます。
インプラントは入れ歯のように床ではなく人工歯根で支えるため、治療完了直後からほぼ自分の歯と同じ感覚で噛むことができます。
他の歯に負担をかけることなく自立できるため、残っている歯を大事にしたい方にもおすすめです。
定期検診とメンテナンスを適切に行うことで、半永久的に使用できます。

歯内療法

歯内療法
  • マイクロスコープとCTで精密・的確な治療をしたい
  • 他医院で抜歯だと言われた
歯の根(神経)の治療は、とても複雑で高度な技術が求められますが、当院は得意分野としておりますので、おまかせください。
歯科用CTを使用した的確な診査・診断をもとに、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)で患部を拡大することで、精密な診療を行います。
他院で抜歯と診断された方も、歯を残すことができるかもしれませんので、歯の根の治療でお困りの方は、一度当院へご相談ください。

予防・クリーニング

予防・クリーニング
  • むし歯・歯周病から歯を守りたい
  • むし歯を再発させたくない
  • いつまでも自分の歯で食事したい
  • お口から全身の健康を守りたい
当院では、大切な患者さまご自身の歯を守るために、むし歯や歯周病にならないための「予防」を重視しています。そのためには「ご家庭でのケア」と「歯科医院でのケア」の両方が大切です。日々の適切なブラッシングでむし歯や歯周病の原因菌の増殖を抑え、定期的な検診でお口の状態を知り、プロのクリーニングで歯垢を残さず落としていきます。
予防を通じて、歯科医院は「歯の治療に行くところ」から、「むし歯や歯周病にならないために行くところ」へと意識を変えていただけるように努めてまいります。

PMTCとは?

PMTCとは?

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医師などのプロによる専用の機器を用いた歯のクリーニングのことです。
むし歯や歯周病の原因菌が潜む「バイオフィルム」を、専用の機器と薬剤を使ってきれいに取り除きます。
通常の歯磨きでは、毎日きちんと磨いていても汚れが残ってしまい、歯に少しずつ蓄積されます。
PMTCでこれらの汚れをしっかりと除去し、むし歯や歯周病の予防の効果を高めていきます。


歯科口腔外科

歯科口腔外科
  • 口周り、口の中をケガした
  • 舌が痛い、痺れる、違和感がある
  • 口の中にできもの、白いものがある
  • 口内炎が治らない
  • 顎がガクガクする、痛い
  • 親知らずが痛む
歯科口腔外科では、歯ぐきに埋まっている親知らずの抜歯をはじめ、口腔内のケガや炎症、顎の病気、口腔がんなどの診断と治療を行います。出血を伴う外科的な処置を行うことが多いため、内科疾患をお持ちの患者さまの場合は、医科で受けている治療を考慮しながら症状の改善をめざします。まずはお問い合わせください。

ホワイトニング

ホワイトニング
  • 自宅で歯を白くしたい
  • 大事なイベントを控えている
  • 神経を抜いた歯を白くしたい
歯の黄ばみは、加齢や遺伝、食生活などが影響します。歯の黄ばみを削るのではなく、専用の薬剤で白さを取り戻すのがホワイトニングです。当院では院内で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」をご用意し、ご希望の白さや歯の状態、ライフスタイルなどによってお選びいただいています。歯の色が気になる方は、お気軽にご相談ください。

*ホワイトニングは口腔内の状態が安定していることが必要です。むし歯・歯周病などがある場合は、治療完了後に行います。
*一時的に知覚過敏が起こることがあります。

矯正歯科

矯正歯科
  • 歯並びをきれいにしたい
  • 口元の見た目を良くしたい
  • 子どもの歯並びが気になる
  • 目立たない矯正装置で治療したい
「歯列矯正」ともいわれるように、ガタガタの歯並びや出っ歯などをきれいな歯並びにする治療です。ただ「美しく見える」だけではなく、かみ合わせのバランスがよくなることで、よく噛め、よく話せるようになるため、お口の健康の増進も期待できます。
矯正にはさまざまな方法がありますが、歯に「ブラケット」という金属装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を少しずつ動かしていく「ワイヤー矯正」が一般的です。
透明のマウスピース型の装置や、歯の裏側に着ける装置など目立ちにくいものもありますので、詳しくはお尋ねください。

マウスピース製作

マウスピース製作
  • オーダーメイドのスポーツマウスガードを作りたい
  • 睡眠時無呼吸症候群の治療用のマウスピースを作りたい
  • 歯ぎしりを緩和するマウスピースを作りたい
  • 顎関節症の痛みを和らげたい
各種マウスピースを製作しております。

●スポーツマウスガード
スポーツ時に装着することで、ケガの予防、集中力やパフォーマンスの向上が期待できます。
完全オーダーメイドのため、市販品よりもぴったりフィットします。
*自由診療です。

●スリープスプリント(睡眠時無呼吸症候群の治療用)
睡眠時に装着すると舌が引き上げられて気道が広がり、いびきが緩和されます。
*保険適用で製作を希望される場合は、耳鼻咽喉科・医科からの紹介状をお持ちください。紹介状がない場合は自由診療です。

●ナイトガード(顎関節症・歯ぎしり・食いしばりの症状の緩和用)
寝ている間や日中に装着することで、顎関節にかかる負担を軽減することができます。