名谷駅の歯科・歯医者なら、SASAKI DENTAL OFFICE(ササキデンタルオフィス) 大丸須磨院

電話予約

コラム

コラム COLUMN

子どものむし歯の特徴について

皆さんこんにちは。

SASAKI DENTAL OFFICE 大丸須磨院です。

 

小児歯科にいらっしゃるお子さまの多くは、むし歯の症状に悩まされています。

 

やはり、子どもの時代というのはむし歯になりやすく、日常生活に支障をきたすことも珍しくありません。

 

今回はそんな子どものむし歯の特徴についてわかりやすく解説します。

 

「子どもはむし歯になりやすい」は本当?

おそらく皆さんも、子どもは虫歯になりやすい、という話を一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

今現在、子育て中の方は、その事実を嫌というほど実感されているかもしれませんね。

 

場合によっては、たくさんのむし歯を作ってしまうお子さまを強く叱りつけてしまうかもしれませんが、乳歯は永久歯と少し異なるという点を改めて確認しておきましょう。

 

乳歯は未成熟

乳歯は、大人の歯よりも歯質が未成熟であるため、酸によって溶かされやすいです。

 

そのため、仮に大人と同じような食生活やブラッシング習慣を実践していても、子どもの方がむし歯にかかりやすいという点を考慮してあげてください。

 

それだけに、お子さまの歯は親御さまが意識的に守ってあげる必要性が高いといえます。

 

ひとり磨きの習得には時間がかかる

むし歯を予防するためには、毎日の歯磨きが欠かせませんよね。

 

私たち大人は、ブラッシングの仕方をしっかり身に付けているので、それほど難しくはありませんが、子どもはまだまだ初心者です。

 

しっかりとひとり磨きできるようになるまでには、数年の期間を要することを忘れないでください。

 

それまでの間は、親御さまが仕上げ磨きをしてあげることで、むし歯を予防することが可能となります。

 

まとめ

このように、子どもにはむし歯にかかりやすい要素がたくさんあります。

 

また、歯質が溶けやすく、進行も早いという特徴もありますので、可能な限り予防してあげましょう。

 

ひとり磨きを習得するまでは、親御さまによるサポートが絶対に必要です。

 

当院の小児歯科までお越しいただければ、そのお手伝いができるかと思います。